筋肉と深い関係がある分岐鎖アミノ酸
BCAAとは

BCAA(Branched Chain Amino Acids)とは、分子構造が枝分かれしている分岐鎖を持つアミノ酸の総称です。
必須アミノ酸9種類の中のバリン、ロイシン、イソロイシンの3種類を指します。必須アミノ酸は体内で合成されないため、必ず食物から補給しなくてはなりません。
筋肉を構成するたんぱく質中の必須アミノ酸の約35%がBCAAで、筋肉づくりに大きく関係していることから筋肉ケアに欠かせないアミノ酸です。

BC BALLご購入はこちら

アマゾンで買う yahooショッピングで買う

BC BALLご購入はこちら アマゾンで買う yahooショッピングで買う

マラソンにも

筋トレにも

ロードバイクにも

トレッキングにも

BCAAの4つの特徴

BCAA筋肉の分解を抑制、筋肉の合成を促進、筋肉の乳酸を抑える効果があります。
これにともなって、集中力が続くということはスポーツにおいて見逃せません。
マラソンなど持久力系スポーツでは
スポーツ開始前、スポーツ中、スポーツ終了後いずれにも効果です。

特長1

筋肉のエネルギー

血中にBCAAが十分
  • 血中BCAAがエネルギーとして利用される
  • 筋肉の分解を抑制
  • 持久力が維持できる
血中にBCAAが不足
  • 血液中のBCAAが足りなくなり
    筋肉を分解して補う
  • 筋肉痛につながる(特徴2に詳細説明)
  • 疲労が蓄積しパフォーマンスが下がる
特長2

筋力を維持する効果

運動や活動を行うとカラダは糖質や脂肪、血液中のBCAAをエネルギー源としますが、BCAAがなくなると自らの筋肉の材料となっているBCAAをエネルギー源として利用するために、筋肉の分解を始めてしまい筋肉量の減少につながります。
タイミングよくBCAAを摂取することで、血液中のBCAA濃度が上がるため、筋肉の分解を低下させ、筋肉を維持することができます。
さらに、BCAAは筋肉の修復・増強に使用されます。
血液中のBCAA濃度をあげることによって、運動によるたんぱく質合成誘導に応えることができます。よってより効果的な筋肉増強につながるといわれています。

特長3

筋力の疲労回復、緩和

BCAAを摂取することで、メリット1に記載したとおり、筋肉の分解や損傷が抑制できます。また修復も促進します。乳酸の発生抑制と代謝促進により、乳酸量が減少。筋肉疲労を低減できます。脳内のセロトニンの産生をBCAAが調整し、脳で感じる疲労を緩和します。

特長4

2000mgで2時間継続

BCAAを2000mg以上摂取することで、BCAAの血液中の濃度を120分以上維持できる。 運動時以外の日常生活においても、活動しエネルギーは必要なため、BCAAの血液中の濃度を維持しておくことは、筋肉維持に重要な意味があると考えられます。

BC BALLご購入はこちら

アマゾンで買う yahooショッピングで買う

BC BALLご購入はこちら アマゾンで買う yahooショッピングで買う

2000mgを食品で
摂取する場合

食 品 BCAA カロリー
マグロ赤身 約40g 50kcal
牛肉サーロイン 約70g 348kcal
鶏卵 約2個 151kcal
牛乳 約300mL 201kcal

食品から摂取する場合は
動物性の食品に多く含まれる。

  • 食品から摂取すると吸収に時間がかかる
  • 余分なカロリーを摂取することに

BCAA摂取の
タイミング

カラダ作りのために日々スポーツクラブへ通ったりウォーキングを日課にされている方は多いと思います。しかし思うように筋力が付かない、なんだか筋肉疲労が強いという悩みを抱えている方も少なくありません。
それを解決してくれるのがBCAAです。運動する約30分前にBCAAを摂取することで、運動のパフォーマンスを上げ、筋肉疲労の軽減が期待できます。とくに食事が細くなったり、麺類等の偏った食生活の方は、筋肉のためにBCAAの補給をお勧めいたします。

戻る

BC BALLご購入はこちら

アマゾンで買う yahooショッピングで買う

BC BALLご購入はこちら アマゾンで買う yahooショッピングで買う